事業内容

HOME | 事業内容

新しい土木資源の創造にむけて

日本の高度成長を支える
コンクリートの普及

現在全国インフラ整備使用されているコンクリートは、1949年(昭和24年)日本で最初のコンクリート工場が建設されて以来急速に普及し、日本の高度成長を社会背景とした大量の需要に対し、安定した施工性に優れた建設材料として国土のインフラ整備の発展を支えてきました。

世界的な環境負荷低減への要求 

コンクリートと鉄鋼を土木構造の基幹材料とする日本の社会インフラは類を見ない発展をとげてきましたが、世界的な環境負荷低減への要求など、社会的背景が大きく変化し、新しい構造物・建設資材・施工方法等、多岐にわたって技術革新が行われつつあります。

新しい土木技術の創出

私たちは砂防ソイルセメント技術の研究をふまえて比較的高強度のソイルセメントの汎用化に取組み、現地土砂を建設資材として活用するため、会社設立以来様々な研究に取り組んできました。

私たちの技術は今後日本だけではなく、建設資材に乏しい国々においても「現地のものを資材として適用できる土木構造に使用する」というスタンス これからの新しい土木技術の考え方として、根付いて行くものと考えています。
北海道胆振東部地震復旧対策事業

北海道胆振東部地震復旧対策事業

BUSINESS CONTENTS

事業内容

土木設計コンサルティング事業

砂防関係事業を主体とした調査から設計までのコンサルティング事業を行っています。災害事業等で多く用いられている砂防ソイルセメント工法や、従来工法の構造物設計にも対応しています。

特に、砂防ソイルセメント工法では、グループ内の専門スタッフによる技術提供も行っており、対象箇所の現地土砂の適性判断試験を行うことも可能です。
工法選定から設計までの一連の流れで、幅広いニーズにお応えします。
土木設計コンサルティング事業

土砂活用ソリューション事業

土砂を用たソイルセメント技術を様々な分野で活用するためのコンサルティングを行っています。世界中でコンクリート骨材が枯渇する中、現土砂を用いるソイルセメント土木資源創出においても適用するメリットが大きいと認められています。
砂防ソイルセメントは、日本では砂防堰堤を中心に多くの実績生まれています。世界的にみると、道路・河川・空港など様々な分野で活用されており、日本でもこの技術を発展させる事によって、様々な分野で活用が期待されています
インバックスグループでは図1のように現地土砂の活用に関して、調査・設計・施工・品質管理に至るまで、ワンストップソリューションを提供しています。

図1.インバックスグループソリューション

図1.インバックスグループソリューション

研究開発

ソイルセメント技術を活用して、あらゆるニーズにお応えできるよう下記のようなテーマに取り組んでいます。

 

●土砂資源化技術の研究開発
●配合試験および試験技術の研究開発
●ソイルセメント構造物の研究開発
●鉄鋼スラグの活用研究
●フライアッシュの活用研究
●ソイルセメント施工機械の開発
●セメント系固化材の研究  など