私たちは、新しい土木資源を創造したいと考えています

本社玄関

 世界の土木技術は、西暦1824年、英国でジョセフ・アスプディン(Josef Aspdin)がポルトランドセメントを開発してから、世界各地にセメント工場が建設される等その技術は急速に世界へ広がって行きます。日本では、1875年明治8年東京深川に官営セメント工場が建設され、それ迄の文字通り、土、石、木材を主材料とした日本の土木構造物そのものが大きく変化するきっかけとなりました。

IMG 3630

 一方、現在全国にインフラが整備されている生コンは、比較的歴史が浅く、1949年(昭和24年)日本で最初の生コン工場が建設されて以来、昭和30年年代後半には全国で140程の生コン工場が建設され、日本の高度成長を社会背景とした大量の需要に対し、均一な品質と施工性の高い建設材料として国土のインフラ整備の発展を支えてきました。現在では、土木構造の主体はコンクリート、鉄鋼となり、特にコンクリートは土木構造の根幹材料となっています。

 そして現在、日本の社会インフラは世界に類を見ない程、整備されて来ており、これらを背景とした公共事業内容の見直しや、低環境負荷への対応等、その社会的背景は大きく変化してきています。

IMG 4269

国内初のINSEM集中プラント

 また、土木技術の進歩は、社会的背景の変化に対応するべく、新しい構造物、建設材料、施工手法等、多岐にわたって技術革新が行われつつあります。

 私たちは、砂防ソイルセメント技術の研究をふまえて、比較的高強度のソイルセメントの汎用化に取組み、これ迄建設産業廃棄物として処理されて来た建設残土を建設材料として活用すべく、様々な研究を会社設立以来取り組んできました。

 私たちの技術は、今後日本だけではなく、建設資材に乏しい国々においても、現地のものを資材として適用できる構造に使用する。というスタンスはこれからの新しい土木技術の考え方として、根付いて行くものと考えています。

Copyright(c)2017 invax corporation all rights reserved.